2012年02月29日

弥生賞(G2)の傾向

弥生賞(G2)/馬齢/中山芝2000m


【1番人気】

(6.1.0.3) 連対率70%


【実績】

3勝馬は連対率5割も、弥生賞は目一杯の勝負ではないことは念頭に

チューリップ賞とは違い、1勝馬は苦戦


【前走】

前走G1以外であれば、連対していること必須


【ステップ】

朝日杯FSの連対馬は、コース的に関連性がなく、消えやすい


【ノーザンF】

1番人気のノーザンF生産馬は100%連対で信頼



posted by グラス at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞(G2)の傾向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーシャンS(G3)の傾向

オーシャンS(G3)/別定/中山芝1200m


【1番人気】

(1.0.2.3) 連対率17%


【前走】

重賞出走馬が主力だが、同距離の1200m重賞の好走馬は危なく、軸には…


【ステップ】

前年の阪神C以来となる馬中心視


【斤量】

斤量58k以上の実績馬はまあまあ信頼できるが、57kを背負う中途半端な実績馬は消し


【牝馬】

牝馬は苦戦、穴で一考
posted by グラス at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞(G3)の傾向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チューリップ賞(G3)の傾向

チューリップ賞(G3)/馬齢/阪神芝1600m


【1番人気】

(4.4.0.2) 連対率80%

1番人気は、外回りになってから5年連続で連対


【実績】

実績馬のとりこぼしも多く、1勝馬でも互角

実績はそれほど重要ではない


【前走】

前走G1、エルフインS、ダート以外なら1〜2着は必須

前走が、芝の500万戦や新馬戦は苦戦


【阪神JF組】

外回りコースになって以降、阪神JFの1〜3着馬は信頼



posted by グラス at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞(G3)の傾向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする